ハワイ 旅行

ハワイ旅行で火山見学

ハワイには世界有数の活火山があるので、火山見学は旅行者に人気のアクティビティと言えるでしょう。

 

ハワイにある火山はみな大規模で、楯状火山という形状の特徴があります。通溶岩流が火口からゆっくりと流れ出すので、楯状の形になっています。そのため、勾配が急な、円錐形の火山にはなっていません。

 

ハワイの主な火山は、ハワイ島(ビッグ・アイランド)、マウイ島、オアフ島で見ることができます。

 

ハワイ島(ビッグ・アイランド)にある活火山は、ハワイ火山国立公園のマウナロアとキラウエアです。マウナロアは、最後に噴火が確認できたのは1984年となっています。キラウエアは1983年以来、噴火を繰り返しています。

 

このマウナロアとキラウエアがあるハワイ火山国立公園は、毎年多くの旅行者が訪れている、ハワイで人気の観光スポットです。公園の広さは約1000平方キロメートルあり、ハワイの活火山を実際に目にし、自然の雄大さを堪能できる素晴らしい博物館です。

 

ハワイ島(ビッグ・アイランド)には他に、ロイヒという海底火山があります。1996年以来たびたび噴火をしています。

 

また、マウイ島のハレアカラ、オアフ島のレアヒ(ダイヤモンド・ヘッド)、パンチボウルの国立太平洋記念墓地も、ハワイに旅行をしたならぜひ見学に行っておきたい活火山です。火口までトレッキングをして近づくこともできる火山もあるので、機会があったら本物の自然を体験してみましょう。