ハワイ 旅行

ハワイの天候

ハワイへの旅行が決まったら、現地の天候について調べておくと安心して旅行を楽しめます。
気温は一年を通してとても安定しており、急激に変化するようなことはありません。ハワイには5月〜10月の夏(ハワイ語ではカウ)と11月〜4月の冬(ハワイ語ではホオイロ)という2つの季節しかないのです。

 

海面の平均気温は、日中で夏(カウ)の場合29.4度、冬(ホオイロ)の場合25.6度となっており、夜になると日中に比べて6度ほど低くなるようです。海水温度の場合は、年間平均で23.3度、カウの暑い季節で26.7度となっています。
波の高さについては、各島や季節によってかなり差があります。カウのビーチはどこも穏やかな波ですが、ホオイロは高めの波で、有名なビッグ・ウェイブが出ることもあるようです。

 

また、山岳地帯にアクティビティで出かける計画をしている場合は、天候の違いに十分に気をつけましょう。山岳地帯や火山は、標高が300メートル上がるごとに気温が2度低下します。エリアによっては氷点下になることもあるので注意が必要です。

 

せっかくの旅行なので雨が心配になりますが、降水量が多い時期は11月から3月です。雨は局地的に降ることがほとんどなので、冬(ホオイロ)だからといって雨はそれほど心配しなくて大丈夫です。
また、ハワイには貿易風という涼しい風が吹くのが特徴です。貿易風ではなく、南や西から湿気が多い風が吹くことが一年に数回あり、暑い嵐と似た天気になるのでコナ天気と呼ばれています。